打錠(錠剤・タブレット)|受託品目≪剤形≫

ホーム OEM(受託製造)・PBのご案内 受託品目≪剤形≫ 打錠(錠剤・タブレット)

打錠とは

打錠とは、粉末等を圧縮成形したもので、不溶性原料に適しています。 生産効率が高く大量生産向きの剤形です。 医薬品としての生産量が非常に多く、健康食品(サプリメント)の剤形 としても最も一般的です。

打錠の特徴

◎飲みやすさ

コンパクトで表面が平滑であり、飲みやすい剤形です。

◎オリジナリティの演出

形状やサイズを自由に選択できます。

◎多様な用途に対応可能

味や匂いのマスキング、粉落ち防止、味付けなど、用途に応じた対応が可能です。

錠剤の種類

◎素錠

目的の有効成分に、必要に応じて賦形剤(増量剤・結合剤・崩壊剤・滑沢剤など)や着色料、香料などを加えて圧縮成形した基本的な錠剤です。

◎コーティング錠/糖衣錠

素錠に天然樹脂(シェラック)などの皮膜をコーティングしたり、糖衣加工をした錠剤です。 異味・異臭のマスキング、粉落ちの防止、光や水分に弱い成分の保護、外観を美しくする、などの目的で選択されます

◎チュアブル錠/口腔内崩壊錠

香料や甘味料で味をつけ、噛むか舐めて服用したり、口腔内で素早く崩壊するように設計した錠剤です。 水なしで服用できるため、錠剤を飲み込むのが苦手なお子様や高齢者、おやつ感覚で摂取したい方向けの製品や、口腔内で作用・吸収させたい素材の製品に適しています。

OEM(受託製造)・PB(プライベートブランド)をご検討でしたら、ぜひお問い合わせください。

※包装資材・容器などについてもお気軽にお尋ねください

お問い合わせはこちらから